FC2ブログ

2019全仏

テニスの2019年2つ目のグランドスラム、全仏オープンが開催されてました。
男子はナダルの12回目の優勝、女子はオーストラリアのバーティの初優勝でした。

男子はナダルが相変わらず別次元の強さだったですね。
今年は怪我からの回復も遅れ、クレーシーズンでも全然優勝できなかったので、さすがにだめかなーとも大会前は予想してましたが、いざ全仏が始まってしまうと、いつものナダルの強さでした。
決勝のティームが唯一いい試合をしてましたが、それも2セット目まででしたね・・・。
ティームは1、2セットで飛ばしすぎたってのと、準決勝の疲れが残っていただろうってとこがちょっと残念でした。

まあ、2セットまでティームと同じように動いて、それで3セット目からさらにペース上げられるナダルが人外すぎますけどねw
日本のKくんも準々決勝でナダルと対戦できたけど、まともに戦うにはあまりにコンデションが悪すぎました。

男子ではティームとジョコビッチの準決勝や、ナダルとフェデラーの準決勝、チチパスとワウリンカのフルセットの死闘など、盛り上がる試合が多かった気がします。
日本のKくんも3回戦、4回戦と、奇跡的な逆転勝ちを見せてくれたので、テレ東なんかで観てた人も大喜びだったんじゃないでしょうかw


順当だった男子と正反対で、女子は今回も大荒れだったですねー。
現ナンバーワンの日本の大阪についてはクレーまだ慣れてないので、あまり予想外でもないというか、個人的には1、2回戦で負けるかもとおもってたので、よくやった方だと思います。全仏については来年以降に伸ばしていけばいいかと。

ただ、それ以外でも有力なシード選手がどんどん敗退していったのがねぇーw
特にセレナ・ウィリアムズが3回戦で負けたってのは驚きました。
調子悪かったとはいえ、全仏では不調でもいつも逆転勝ちしてるイメージだったので、3回戦なんて序盤で負けるとはびっくり仰天でした。
あとは前年優勝のハレプも準々決勝で負けちゃって、ベスト4に残った4人が新顔ばかりという異常事態にw
誰が勝ってもGS初優勝だし、4人のうち2人が19歳と17歳で20歳以下の若い選手ってのも話題になりました。
特にハレプを破った17歳のアニシモア。
この子は一昨年くらいからツアーでも話題になってた天才少女ですが、今回早くもGSでベスト4まできちゃいました。
優勝したら大騒ぎになってたでしょうが、まあ、彼女に勝ったバーティが強かったということでw

男子も世代交代がくるかも、と騒がれている時期ですが、それより早く女子がすでに世代交代きちゃってますかねーw
大阪とアニシモアがライバルになってナンバーワンを争うような時期がくるかもですね。





 

日本勢ではニシコリくんが今回も頑張ってくれました。
2回戦で地元のツォンガにしっかり勝利し、3回戦で逆転勝ち、4回戦も2日がかりで奇跡の逆転勝ちを見せてくれました。
今大会の戦い方は非常に試合運びが上手いというか、大事なとこでしっかりポイントを取っていく感じで、今まで見てきたKくんの中では一番良かったかもです。
4回戦のペール戦など、ファイナルセットであそこまで悪い状況になっても、最後まで戦い続けて逆転したところは見事でした。

とはいえ、普通の選手相手にはこれだけ粘って勝てるKくんも、ナダル相手だとなんもできなかったですね。
連戦となってしまって、ナダル戦の準備もまともにできなかったんだと思いますが、できればもう少し頑張るとこも観たかったです。

まあ、グランドスラムのジョコビッチ、ナダル、フェデラーといった伝説級の3人が、他の選手の強さのレベルと違いすぎるってのも今回改めて見れたってとこでしょうか。
前回の全豪でフェデラーに勝ったチチパスが、今大会でも活躍してたし、今後も伸びていきそうですねー。
Date: 2019.06.11 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

リョウマちん2号

Author:リョウマちん2号
PS4&VITAでトロフィー集めつつ
気になったゲームをフラリと遊んでいってます

DMMのソシャゲも裏で色々遊んでます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する